甘いものは食べていい!チョコレートでダイエットできる

ウーマン

おやつを食べてダイエット

グラノーラ

みなさんはダイエットというと何を思い浮かべますか?大抵の人は厳しい食事制限や激しい運動などを考えると思います。おやつなんか一切食べてはいけないと思う人もいるかもしれません。しかし、しっかりとおやつの内容を考えて食べれば問題ないことが多く、むしろダイエットを助けてくれます。無理なダイエットをしようとしておやつなどの間食を制限すると、かえって栄養を吸収しやすい体になってしまい、自分が望むような結果が得られないこともあります。お腹が空いた時はむりせず間食を挟むことが理想的な体を維持するコツでもあるのです。ここではダイエット中におやつを食べるときに重要なポイントをいくつか紹介していきましょう。まず、当たり前ですがお腹いっぱいまで食べるのはNGです。ついつい手が止まらなくなってしまうこともあるかと思いますので、なるべく個別に包装されたものを選ぶなどして量を調節しましょう。次に夜寝る前の間食は避けましょう。寝ている間はカロリーを消費しづらいので寝る3時間前には食べるのを止めましょう。夜の間食は本来休むべき胃や腸にも多大な負担がかかるので、寝る前の間食を控えることはダイエット中の体調を整える上でもとても重要です。そして最後に、なるべくGI値が低いものを選びましょう。GI値が高いものほど血糖値が上がり、脂肪を吸収しやすくなってしまいます。GI値が低めのものとしておすすめなのがプリンやゼリーなどです。以上の点に気をつけてストレス無く理想的なボディを手に入れましょう。